明るい色を選ぼう

血色チークのポイントは、顔の血色をよく見せるために行うので明るい色を選びます。
そして色の選び方にもコツがあります。
血色チークには、ピンク系のチークを利用します。

しかし、このピンク系の色の選び方がとても重要です。
肌をとにかく明るく見せたいからと、明るすぎるピンクを選んでしまうと、肌から浮いてしまいただ頬に色をのせただけ、といった印象になってしまいます。
色を選ぶときには自分の肌色に近いトーンのピンクを選び、明るすぎないカラーを選びます。
日本人は肌が黄色っぽいという特徴があるので、選ぶトーンは非常に重要です。

そしてチークののせ方も非常に重要です。
のせ方一つで顔の印象が変わってしまうからです。
肌を血色よく、見せるには頬の一番高い部分に丸くのせるようにし、周りをぼかして馴染ませます。
こうすることでチークが肌から浮きにくくなります。
そしてチークをのせた部分が高く見えるようになるので、自然と笑っているような雰囲気を作ることができます。

肌を血色よく見せることでかわいらしい雰囲気を演出することも出来ます。
また、血色はよく見せたいが気になる部分もカバーしたい、というときにはチークを横に長くなるようにのせていきます。
チークをのせた部分に視線を集めることが出来るので、気になる部分には視線が行きにくくなります。
コンシーラーなどで隠さなくても印象を弱めることが可能です。
チークには、肌の印象変えてくれる大きな力を持っています。