チークはメイク好きの方には必須

メイクアップの仕上げにかかせないもの。
すっと頬にのせるだけで顔色や表情までも健康的に変えてくれるチークは今やメイク好きの方には必須ですよね。
今や様々な色がでまわりデパートなどでも沢山試すことができ2色使いなど高度なテクニックも楽しいですよね。

しかしそれら自分を磨くアイテムの中にも落とし穴がひそんでいるものがあります。
 突然ですがあなたは気になるシミがお顔にありますか?それはお顔のどのあたりでしょうか。
実は日頃よくチークをのせる頬骨の上であったり頬周辺であったりはしませんか? 実はそれらはもしかしたらチークによるダメージかもしれません。

健康的なオレンジやモードなベージュ、女性らしいフェミニンなピンクなどチークの色には明るめの色が多いのですが、それらは代表的なものとしてタール色素が使われているものが多いのです。
それらが肌にシミを作る可能性があるということはあまり知られていない事実です。
 タール色素は主に石油由来から作られているのもになり、重ねて頬などに使用していると洗顔時や化粧時の摩擦、または紫外線などとも反応してシミになることがわかってきました。

アメリカでは発がん物質とも認定され使用禁止になっているも色素もありますが、日本ではコストを削減して大量生産している企業もあり、まだまだ使用されているものがあるのも現状です。
よく使うものだからこそ慎重に選びたいものです。
まずは直接お肌に触れるものなので自然由来でお肌に優しいものを選びましょう。